2016.09.24

眉下切開 1ヶ月後 No.7227施術症例 , 若返り , 目の上の若返り

眉下切開 1ヶ月後

 

(手術前)⇒(1ヶ月後)

dsc05416%e7%9b%ae

dsc06254%e7%9b%ae

眉下切開によって目の上のたるみが減って目の開きが改善しました。

 

さらに目元をはっきりさせたいとご希望があれば、埋没法で奥二重のラインを作るのもよいかと思います。

 

眉毛の下に赤い傷跡がありますが、数か月〜半年で白っぽく色が抜けます。

 

毛包斜切開により毛根が温存されているため傷から毛が生えてきてどこを切ったかわからなくなる方も多いです。

 

上瞼のたるみがある方は埋没法だけでは不安定で限界がありますが、今回のように眉下切開でたるみを改善して土台をきちんと整えたうえで埋没法おこなうと、若々しい自然な二重になりやすくなります。

 

軽〜中程度のたるみの方でたるみを改善したい方には、自然な目元になりやすい眉下切開が一番おすすめです。

プロフィール

院長:西尾謙三郎

ドクター紹介を見る

カテゴリ

ページトップに戻る ^
TOP