2015.02.10

腫れを減らすためにおこなっていること 〜腫れない二重整形〜解説 , , 腫れを減らすためにおこなっていること

当院ではお客様のニーズを最優先に考えています。

 

そのニーズの中で最も重要なひとつの腫れ”。

 

腫れについても最小限で抑えられるように当院は全力で取り組んでいます。

 

二重整形におけるその工夫をご紹介します。

 

腫れにくい糸

二重埋没法の腫れにくい糸

通常の糸は、少し硬さがあり、針も太く、組織に負担がかかって腫れるリスクが高くなってきます。

当院で使用する腫れない糸は繊細な糸で、細く柔軟性があり、針も細いため組織に負担が少なく、腫れを少なくすることが可能です。

⇒腫れにくい糸の解説はこちら

 

腫れにくい糸の場合、糸の仮止めしたあとで締め具合の調整ができますので、腫れを自由にコントロールすることが可能です。

術中確認1

腫れが少ないので、このように手術中に仮止めして鏡で確認していただきます。

 

確認後、ご希望の腫れ具合と二重幅になるように糸のテンションを調整させていただきます。

 

このように手術中に糸のテンションをきちんと調整してくれるクリニックは日本でも数えるほどしかありません。

 

麻酔は極細の針を使用

痛みの少ない針

 

極細の針を使用することで内出血のリスクを減らします。

 

また、蚊に刺されても痛くないように、極細の針は痛みも感じにくくなりますので、力むこともなく結果的に腫れも少なくなります。

 

内出血しないように細かな血管の間をぬって針を刺します

内側(鼻側)の方が通常痛いので、まず痛みの少ない外側から麻酔を広げていきますが左右対称に内側に向かって浅く局所麻酔をしていきます。

 

左右対称に注入するためには、両手を使って麻酔をする必要がありますが、院長は注射器は両ききですので、左右同じように細かく注入できます。

 

結膜にはたくさんの細い血管がありますが、痛みも少なく抑え、かつ血管にあたらないように細い隙間を狙ってしっかり麻酔をすることができます。

 

組織を優しく操作

組織を押さえつけすぎない、引っ張り過ぎない、針はそーっと通すなど、組織のダメージを最小限にする工夫をおこなっています。

 

埋没法をする際にまぶたを返すためにつかんだり、引っ張ったりしないといけないのですが、必要以上に器具でまぶたを押さえつけたり、引っ張り過ぎたりしないように最小限の力でおこないます。

 

また、針を”そーっと”通すことで、組織を傷つけたり内出血して腫れないように細心の注意を払って手術をおこなっています。

 

 

痛みを最小限にして目に力を入れさせない

先ほども出てきましたが、痛くて目に力が入るとさらに余計に腫れが出てきてしまいます。

 

痛みを減らすためのたくさんの工夫を組み合わせて痛みを最小限に、腫れも少ない手術を心がけています。 ⇒痛みを減らすための工夫

 

適切な麻酔量

麻酔を注入しすぎると腫れが強くなります。

 

また、少なすぎると痛みが出て力んで腫れてしまいます。

 

ですので、たくさんの症例から導き出された最適な麻酔量で麻酔を行うことで痛みと腫れのコントロールを上手に行うことが可能です。

 

腫れ・内出血を減らす麻酔

1ed60e36c7c2cc8a8772ab6720065d3b-461x500

今まで腫れや内出血のコントロールは、施術のやり方や道具を工夫することでしか減らすことができませんでしたが、

 

ヒアルロニダーゼというお薬を麻酔に混ぜることで、腫れや内出血をたとえ出たとしても減らすことが可能になりました

 

最新のヒアルロニダーゼは、純度が高く、アレルギー反応のリスクが最小限になり、腫れを減らす麻酔として問題なく使用できるようになりました。

 

海外では、大学病院や救急外来などで積極的に使用されています。

 

腫れを減らす麻酔の詳細はこちらをクリック!

 

 

以上のような点すべてにおいて意識して丁寧に行うことで、腫れない二重整形をおこなうことが可能です。

 

【Pick Up!】

(目元)

当院の二重プチ整形は日本トップクラスのメニュー数、症例数、クオリティーです

二重整形がばれないために。。。

二重整形がばれないために これはつらい。まぶたがこんな風に

二重整形がばれてしまう落とし穴 。修正するとこうなります。

腫れを減らすためにおこなっていること 〜腫れない二重整形〜

腫れにくく取れにくい二重プチ整形とは

二重整形で腫れないための7つのポイントとは!?

二重埋没没法(もとびアイプラチナム) 解説

もとびアイプラチナム解説動画

二重埋没法症例写真ブログ

針穴から二重をとれにくく |腫れにくい脂肪とり&厚みとり

脂肪とりの症例&解説

 

ページトップに戻る ^
TOP