2017.04.8

鼻Ⅰ型プロテーゼ、鼻尖形成(3D法)、軟骨移植 3ヶ月後 No.8966施術症例 , 鼻根 症例 , 鼻 症例 , 鼻尖 症例

(手術前)⇒(3ヶ月後)

DSC08932正面DSC03295正面

プロテーゼで鼻根部に高さが出て、鼻先も3D法で細くなったことで鼻筋がより全体にきれいに通りました。

ある程度高さがでて鼻筋が通りやすいプロテーゼを使用しています。

鼻先が下方向に厚みが出たことで目立った小鼻・鼻の穴が目立ちにくく整って見えます。

鼻の穴が気になる方は、小鼻を小さくするだけでなく、鼻先にボリュームを出すのも効果的です。

DSC08937左側面DSC03300左側面

鼻根部が高くなって鼻筋がきれいに通ったのがわかります。

不自然さもありませんね。

ややアップノーズだった鼻先のラインが下向きに整ってバランスが良くなりました。

鼻先に少し高さが出ると、正面からも横からもバランスが良くなります。

軟骨移植であれば鼻中隔延長とちがって鼻先の動きも自然です。

DSC08939下から DSC03307下から

下からの画像では鼻先が細くなって軟骨で高さがでたのがわかります。

ページトップに戻る ^
TOP