2016.12.27

もとびアイゴールド、脂肪取り 3ヶ月後 No.8062施術症例 , 目 症例 , 埋没法 症例 , 脂肪取り、厚みとり 症例

もとびアイゴールド、脂肪取り 3ヶ月後

 

(手術前)⇒(3ヶ月後)

dsc09811%e7%9b%ae
dsc03224%e7%9b%ae 

二重幅が広くはっきりしましたね。
3ヶ月なので通常二重は完成する時期ですが、当日ちょっとむくんでいるということで、ややむくんだ感じと食い込んだ感じは残っています。
もう少し経過をみると狭くなってより自然になっていくと思います。

もともとまぶたは画像のように厚く、眼窩脂肪だけでなく、皮膚や眼輪筋の厚みも厚い方でした。
シュミレーションで少し広いラインにするとかなりラインがつきにくいに感じでしたがご本人はかなり幅広を希望されていました。
ご希望の幅はかなりつきにくい感じでしたので相談してご希望より少しだけ狭いラインで行いました。

通常まぶたの厚みのある方に広いラインで二重を作るとラインが食い込んでもっと厚ぼったく不自然に見えてしまいますが、脂肪とりを行ったことで広いラインでも厚みは目立つほどではありませんね。

見た目をもっとすっきりさせたいということであれば隔膜前脂肪(ROOF)を切除するのが良いですが、ROOFを切除するためには切開が必要です。
%e3%81%be%e3%81%b6%e3%81%9f%e3%81%ae%e5%8e%9a%e3%81%bf
脂肪とりや厚み取りの場合は、ライン上の2㎜程の小さな針穴から眼輪筋や眼窩脂肪を除去することができます。
見た目の厚ぼったさは皮膚や筋肉の厚みによる部分が大きいため、見た目がすごくすっきりするわけではありませんが、
眼窩脂肪が減れば、まぶたのむくみやすい人はむくみにくくなり、目も軽くなって満足される方が多いです。
浮腫みにくくなると二重も安定しやすくなります。
まぶたの厚ぼったい方、むくみやすい方、二重を安定させたい方などの方におすすめです。

ページトップに戻る ^
TOP